ツァボライトとデマントイドの違い【緑のガーネット】

ブルー以外のすべての色が存在するといわれるガーネットの中でも非常に人気の高い「デマントイドガーネット」と「ツァボライト」。この二つの宝石は両方とも緑色をした宝石で近年では非常に人気の高い宝石です。しかし、宝石にそこまで詳しいという方でなければこの二つのどこが違うのかがよく分からないみたいですね。今回は最近『REJOU』にも多く問合せのあるデマントイドとツァボライトの違いについてご紹介します。

続きを読む

変色に注意!輝く宝石クンツァイト

見る角度・位置によって見え方が変わってくるという特徴を持っている石クンツァイト。最近は、ジュエリーショップでもよく見かけるようになってきましたね。そんなクンツァイトは意外と歴史が新しい石なんです。そんなクンツァイトについて今回はご紹介してまいります。

クンツァイトとは

名前 クンツァイト
和名 リチア輝石(リチアきせき)
ピンク、バイオレット、グリーン、イエローなど。
モース硬度 6.5~7
比重 3.03~3.23

冒頭で述べたように、クンツァイトは歴史が浅い宝石なんです。1902年にアメリカ・カリフォルニア州で発見されたのが始まりで、20世紀に入っていから発見された石になります。では、次にクンツァイトという名前について見てまいりましょう。この名前はニューヨーク5番街にあるティファニー宝石店の副社長であった当時から有名な宝石の権威者のジョージ・フレデリック・クンツ博士の名前に因んで命名されたと言われています。宝石名には有名な人名や採掘された地名に、「石」を表わすアイトiteを接尾語として名付けられたものがあるようでクンツァイトもその一つです。
主成分はリチウム・アルミニウム珪酸塩で単結晶に属し、柱状結晶で産出され。硬度は7です。しかし劈開・クリベージの性質があり、もろく割れやすいので丁寧な取扱いが必要だと言われています。クンツァイトはラベンダーの色味のあるピンクが持ち味で、スポジュメンと呼ばれる鉱物の一変種です。

クンツァイトは変色に注意!?

クンツァイトは太陽光(紫外線)に弱く、長時間紫外線を浴びると退色する恐れがあるので長時間日の光が当たる場所での保管は避けたほうがよいです。つけて出歩く分には問題ないですよ。
そのため日の光が常にあたる場所、高温多湿、また極度に寒く乾燥している場所にジュエリーをむき出しにしておくことは避け、身につけない時にはケースに入れてしまっておくほうがよいそうです。お手入れについてですが特に熱湯と超音波洗浄には要注意です。モース硬度は6.5~7と比較的強度の高い宝石ですが、クンツァイトは縦に割れやすい性質を持っているため強い衝撃や強い力が当たる事には注意してください。

まとめ

今回は、クンツァイトについてご紹介してまいりました。いかがでしたか?クンツァイトはとても紫外線に弱いものですので、保管には注意が必要そうですね。しかし、身に着けている分には問題がないようでしたので思う存分に身に着けて歩き、休ませるときは変色に注意してしっかりケースで保管するという方法がよさそうですね。ぜひ、お気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか

指輪の購入前に。リングの図り方と注意点をご紹介!

結婚が決まってから必ず用意しなければならないのはやはり結婚指輪ですよね。いざ、結婚指輪を用意しようと思ったときに「あれ、指輪のサイズってどうやって決めたらいいんだろう?」と迷わないでいいように今回は指輪のサイズの測り方やその注意点をご紹介したいと思います。

続きを読む

産地によって色味の違うエメラルド。その特徴と種類をご紹介

世界5大宝石にも数えられる宝石の『エメラルド』はグリーンの宝石の中でも最も有名な宝石でとても人気の高い宝石です。エメラルドと聞けば皆さんは深い緑色がとても美しい宝石を思い浮かべるかも知れませんが、実はエメラルドという宝石は産地によって微妙に色味が違うってご存知ですか?今回はそんなエメラルドの産地による特徴をご紹介します。

エメラルドの成分による種類の違い


まずはエメラルドについてご紹介します。エメラルドは緑色のベリル(緑柱石)の事を指していますが、実はベリルという鉱物は含有する成分によって違う宝石になるという特徴を持っています。下の表がベリルの成分含有による違いです。

名称 ベリル以外の主な成分
エメラルド 酸化クロム・バナジウム グリーン
グリーンベリル(ヘリオドール) バナジウム グリーン
アクアマリン 酸化鉄 ブルー
レッドベリル(ビクスバイト) マンガン レッド
ローズベリル(モルガナイト) マンガン ピンク

上記のようにベリルに含有するものの違いによって違う宝石になります。アクアマリンやレッドベリルなどは有名なので名前を聞いたことがあるという人も多いと思います。

産地によるエメラルドの違い

エメラルドは紀元前の時代から愛されている宝石で、皆さまも一度は名前を聞いたことはあるであろうクレオパトラもエメラルドをこよなく愛していたといわれます。現在ではコロンビア、ロシア、オーストリア、ノルウェー、ザンビアなどで産出されており、この中でもコロンビアがとくに有名で世界のエメラルドの50%以上を占めています。それでは産出国によるエメラルドの違いをご紹介します。

一級品が産出するコロンビア産

上でも紹介した通りエメラルドの産出国として最も重要なのがコロンビアです。コロンビアではエメラルドの産出量が非常に豊富で、しかもエメラルドの原石の質も超一級品が多く産出されます。産出される原石は六方柱形なため、皆様のイメージの中にあるエメラルドカットに研磨されます。
コロンビアの中でも『ムゾー鉱山』から産出されるエメラルドは特に品質が高く最高級とされています。ムゾー産のエメラルドは深みのある緑色が特徴で青みもなく非常に美しいです。また、チボール鉱山で産出されるエメラルドはムゾー産に比べ透明度が高く鮮やかな色合いで高評価を受けています。コロンビアではムゾー鉱山やチボール鉱山の他にもエメラルドが産出する鉱山もありますが、コロンビアのエメラルドはこの二つがメインです。

均一的な緑が特徴のザンビア産

ザンビアで産出されるエメラルドの特徴は均一的な緑です。コロンビア産のエメラルドと比較するとザンビア産のものは内包物が少ないことが有名で、透明度が高くクリアなエメラルドが産出されます。宝石の価値としてはクリアな物の方がいいと思われがちですが、内包物が少なすぎるザンビア産のエメラルドは光の屈折も少ないことからコロンビア産のエメラルドに比べ輝きも少なくなります。そのためコロンビア産のエメラルドよりは価値が低いと評価されます。
ザンビアで産出されるエメラルドの原石は丸みを帯びたものが多いため、エメラルドカットに加工されることはほどんどなく、基本的にオーバルカットが施されます。

小粒ながら美しいジンバブエ産

ジンバブエで産出されるエメラルドの特徴は小粒なことです。小粒ながらそのエメラルドは美しい黄色を帯びたグリーンをしていて他のエメラルドと違う独特な美しさを持っており非常に人気が高いです。また、ジンバブエで産出されるエメラルドのほとんどはラウンドカット又はスクエアカットに研磨されることが多く、一辺が3mm以下のものとなります。
ジンバブエ産のエメラルドは産出される鉱山の名前をとって『サンダワナエメラルド』と呼ばれます。

まとめ

今回はグリーンの宝石でトップクラスに人気の高いエメラルドの違いについてご紹介しました。エメラルドはベリル系の宝石で、同じ系統にはアクアマリンなどがある等という事は宝石界ではよくある事で、他にもコランダム種のサファイアとルビーが同じ鉱物という事は有名な話ですね。しかも宝石は自然が創りだす物の為、産出される地域でその特徴も微妙に変わってしまうのです。同じエメラルドだからといってもその色味や透明度は注意深く見てみると結構違いがあります。エメラルドの購入を考えた時にはこのあたりの違いを楽しみながらお好みのジュエリーを探すのもいいかもしれませんね!

「プレイ・オブ・カラー」を持つオパール。白だけじゃないオパールの種類をご紹介!

プレイオブカラーと呼ばれる独特な遊色効果を持つオパールは非常に人気の高い宝石です。オパールの角度を変えるとキラキラと独特な輝きを見せるオパールには様々な種類があると知っていましたか?今回は他の宝石にはない光学現象を持つオパールにスポットを当てたいと思います。

続きを読む

エメラルドにおけるエンハンスメント解説

数多くあるグリーンの宝石の中でも代表格のエメラルド。エメラルドはダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んで「四大宝石」とも言われるほど人気のある宝石です。古くは古代エジプトのクレオパトラもこのエメラルドを非常に愛していたとも言われるほど美しい宝石で非常に人気の高い宝石です。今回はそんなエメラルドのエンハンスメントについてご紹介したいと思います。

続きを読む

実はルビーより希少!?真っ赤な“レッドスピネル”

真っ赤な宝石と言われて一番に思い浮かぶのはどんな宝石でしょうか。私は「ルビー」を思い浮かべました。赤い宝石の王道ですからルビーを思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?もちろんルビーは有名なのですがルビーに匹敵するぐらい美しいと言われる真っ赤な「レッドスピネル」という宝石があります。今回はそんなレッドスピネルについてご紹介してまいります

続きを読む

輝きがとまらない!永遠に輝くダンシングダイヤモンドジュエリー

「貴女の胸で 動き(輝き)出したら 止まらない」がキャッチコピーの『ダンシングストーン』ってしっていますか?
ダンシングストーンと名前から石が揺れ動くんだろうなと何となく思い浮かぶかもしれませんが、これは『石』単体が揺れ動くわけではなく、ジュエリーにあしらった宝石がつけている人の動きによって動きキラキラ輝くというものです。
今回は最新鋭の技術で注目の『ダンシングダイヤモンドジュエリー』にスポットを当ててみたいと思います。

続きを読む

ロードクロサイトとインカローズの違い

ロードクロサイトやインカローズという宝石の名前を聞いたことがある人は多いかもしれませんね。日本国内ではどちらかというとインカローズという名前でパワーストーンとして販売されていることが多い石ですが、実はロードクロサイトとインカローズは同じものだと知っていましたか?今回はこの二つの名称の違いは何なのかという事にスポットを当てt見たいと思います。

続きを読む

スイスにロンドン!?ブルートパーズの色彩まとめ

宝石としても非常に評価の高い『ブルートパーズ』。クリアなブルーがとても美しく魅力的な宝石で人気の高い宝石です。
トパーズと言えば、本来は黄色からオレンジがかったものがスタンダードなのですが、トパーズの中でも青色を発色するものがブルートパーズと呼ばれます。しかし、そんなブルートパーズでも色合いの違いによって異なる名称があるって知っていましたか?今回はそんなブルートパーズについてご紹介いたします。

続きを読む