産地によって違う『ルビー』の特徴をご紹介!

ダイヤモンドやサファイアなどと並んで『宝石とは?』と聞かれて真っ先に思い浮かぶものの中には『ルビー』が必ず含まれているのではないでしょうか?年代を問わずどなたにも愛されているルビーですが、今回は産地によって微妙に違うルビーの特徴にスポットを当ててみたいと思います。

ルビーってどんな宝石?

名称/和名 ルビー/紅玉
鉱物名/組成 コランダム/Al2O3
モース硬度 9
比重 3.99~4.05
屈折率 1.762-1.770
赤、帯紫赤色

『ルビー』と言えばなんといってもその赤色が非常に美しい宝石ですね。この『ルビー』という宝石は「コランダム」という鉱物で、実は鉱物的には美しいブルーで有名なサファイアもコランダムになります。コランダムは酸化アルミニウム (Al2O3) の結晶からなる鉱物で、ここに含まれる不純物の違いでルビーやサファイアになります。コランダムは全く不純物が含まれていない状態だと無色透明ですが、ここに微量のクロムイオンが混じると赤色を発色し『ルビー』と称され、鉄イオンが混じると青色を発色しサファイアとなります。最高品質のルビーは深く透明で濃い赤色を持っており「ピジョン・ブラッド」と呼ばれます。

産地によって違うルビーの特徴

ルビーは世界でも多くの場所で産出されます。その中でもミャンマーで産出されるものが最高級とされますが、他にもタイ王国、スリランカ、ベトナム、カンボジア、モザンビークなどが有名です。そしてルビーはその産地によって特徴が違います。個々では産地によるルビーの特徴をご紹介します。

モゴック産ルビー

ルビーと言えば『モゴック産』と言われるほど代表的な産地です。モゴック地方は良質なルビーが産出されることで有名で、ルビーの最高峰『ピジョン・ブラッド』もモゴックで奇跡的な確率で産出するものです。この地方で産出するルビーの特徴は適度な濃さを持つ赤色で、その濃すぎず凝縮された赤色は世界中に非常に人気が高いです。モゴック産ルビーは他にもシルクインクリュージョンやスタッビィインクリュージョン等の糖蜜状模様も特徴です。

タイ産ルビー

タイ産ルビーの特徴は『黒さ』です。サファイアの中で濃い色(インクブルー)を持ったものは殆どがオーストラリアで産出され「オーストラリアンサファイア」と呼ばれます。それに対して濃く黒味のある赤色のルビーは『タイルビー』と呼ばれるほどタイ産のルビーは『黒さ』が特徴です。タイ産ルビーの黒さは鉄分を含んでいるためで、その黒味のあるルビーは「ビーフ・ブラッド(ウシの血)」ともいわれます。
タイ産のルビーはその黒さゆえ元々は評価が低かったのですが1960年代に加熱処理の技術が向上したことによりシェアを伸ばしました。近年ではモンスー産のルビーにそのシェアを奪われ新たに市場に出ることは無いそうです。

モンスー産ルビー

モゴックで有名なミャンマーですが、ミャンマーモンスー産のルビーも有名です。この地方のルビーは淡い褐色をベースカラーにしていることから元々は相手にされていませんでしたが1990年代に加熱処理技術の向上によりタイ産ルビーの地位にとって代わり大きくシェアを伸ばしました。ただモンスー産ルビーはインクルージョンが非常に多いことや、小粒の者が多いという特徴も持っています。

モザンビーク産ルビー

モザンビークはルビーの産地としては最も新しい地域と言えます。元々、ポルトガルの植民地時代に少量のルビーが産出されていましたが、2008年以降新たに開発された鉱山から大量のルビーの原石が産出されるようになりました。
この地域のルビーはミャンマー産のものと比較すると少しオレンジの色味を持つ赤色で、上品さを感じるルビーだと人気は高いです。モザンビーク産ルビーは品質が非常に高いものが多く産出されますが、宝石の世界は伝統が重んじられる文化でもあるため、最近産出され始めたモザンビーク産ルビーは当初、モゴック産の物に比べると10分の一程度の市場価値しかありませんでした。最近では2割程度まで持ち直しており、今後今のクォリティーが維持されればモゴック産の次に評価されるようになるのではないかと言われています。

まとめ

今回は産地によるルビーの違いをご紹介しました。ルビーの最高峰と言えばやはりモゴック産『ピジョン・ブラッド』になりますが、世界各地で産出されているルビーの多くも非常に美しいものです。それには加熱処理の技術が飛躍的に向上したという背景があり、今まで見向きもされなかったルビーが美しい輝きを持つことができるようになったからです。消費者からすれば手の届く価格帯でいろいろなルビーをえり好みできるのは非常にうれしいものですよね!

何かと身につける機会の多い『真珠』。長持ちさせるためにお手入れ方法や保管方法をご紹介

日本では冠婚葬祭で登場機会も非常に多い真珠。皆さんは真珠を身に着けた後、保管場所に片づける前にきちんとお手入れは行っていますか?真珠は基本的に長持ちする宝石と言われていますが、他の宝石と比較すると柔らかく繊細という特徴も持っています。その為しっかりとお手入れしないと意外と早くダメになってしまいますよ。
今回はそんな真珠のお手入れ方法をご紹介します。

続きを読む

パール(真珠)の品質を決める6つの要素とは?

日本でも非常に人気の高い『真珠』。冠婚葬祭等でも登場する機会も多く、真珠をあしらったアクセサリーを持っている方は多いかもしれませんね。しかし場面によって複数の真珠のアクセサリーは持っておいたほうが安心!今回はそんな真珠のなかでも高品質な物を見極めるポイントをご紹介したいと思います。

続きを読む

自然が創った奇跡の宝石『バイカラ―・トルマリン』をご紹介。

カラーバリエーションの多い事で有名なトルマリンですが、1つの石の中で2つの色を持つトルマリンがあるのをご存知ですか?こういった2色を持つトルマリンは『バイカラートルマリン』と呼ばれ世界に一つしかない宝石を求める方に非常に人気があります。今回はそんなバイカラートルマリンにせまってみましょう!

続きを読む

世界最大のダイヤモンド「カリナン」をカットしたハイジュエラー『ロイヤル・アッシャー』とは?

世界に数多くのハイジュエラーがありますが、その中でも唯一「ロイヤル」の称号をもつダイヤモンドブランド「ロイヤル・アッシャー」をご存知ですか?今回は創業以来、代々受け継がれてきた卓越したダイヤモンドのカットや研磨技術で確固たる名門ジュエラーの地位を築くロイヤル・アッシャーをご紹介します。

続きを読む

パライバに次ぐ高評価のトルマリン『インディゴライトトルマリン』とは?

5分類13種類もの数があるとされている「トルマリン」そんなたくさんの種類があるトルマリンの中でも高評価な「パライバトルマリン」は聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか。今回は、パライバトルマリンの次に高い評価の「インディゴライトトルマリン」についてご紹介します。

続きを読む

赤いエメラルド!?レッドベリルの神秘に迫る

『エメラルド』と聞けば皆さんグリーンの宝石を思い浮かべますよね。しかしジュエリー業界では『赤いエメラルド』と言われる宝石も存在しているってご存知ですか?それは「レッドベリル」という宝石なのですが、今回は赤いエメラルドと言われる『レッドベリル』をご紹介したいと思います。

続きを読む

最も高額なトパーズ!皇帝インペリアルトパーズの秘密

皆さんは『トパーズ』と言えば何色を思い浮かべますか?淡いブルーやピンクを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。トパーズは本来、無色透明な石なのですが含有する成分によって様々な色を発色します。今回はその中でも最も高価で取引される『インペリアルトパーズ』についてご紹介します。

続きを読む

最高品質はビルマ産!スタールビーの秘密

宝石と言えば一般的に透明度が高く強い輝きを持っているものが人気と思われがちですよね。確かにそれは間違いありませんが、中には宝石に特殊な模様が出ている事で希少価値が上がる事もあります。それは、『キャッツアイ』や『アステリズムスター効果』と言われるものなのですが、今回は『アステリズムスター効果』をもつルビー、すなわちスタールビーについてご紹介します。

続きを読む